いびき治療の情報を得てしっかりいびきを治しましょう!

2010年02月03日

赤ちゃんいびき

赤ちゃんいびきはそれほど珍しいものでは
ないと言われています。赤ちゃんいびきは、

先天的疾患、障害が原因に
なっている事も考えられ、赤ちゃんがいびき
をかいていたら、まずは、鼻ずまり

していないかをチェックしてみて下さい。
赤ちゃんがいびきをかきながら気持ちよく
眠っているのであれば、心配する必要はないでしょう。


また、寝かしている向きを横向きなどにかえていびきが
止まるようなら問題はないので安心です。

また赤ちゃんのいびきは成長とともに喉の形状も変わって
自然に治ってしまうことがよくあります。しかし

いびきをかいて鼻がつまって苦しそうだったり
寝ている時に無呼吸状態になったりすることがあれば
要注意です。


無呼吸状態になると、体内の脳や臓器に十分な酸素が
行き渡らなくなるため、最悪の場合身体の発育に影響が
出る可能性もあるからです。


いずれにしても赤ちゃんは常に注意をはらい見守って
あげて下さい。何かおかしいと思ったら個人で判断し

ないで耳鼻咽喉科などの専門医に診て
もらいましょう。





posted by いびき治療ナビゲーター at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 赤ちゃんいびき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140152990

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。